痛風になると、どのような症状が起きるのでしょうか? 痛風の症状は、大きく分けて3つあります。 ・関節の痛み ・腎臓機能の低下 ・合併症 痛風になると、関節を中心に激しい痛みを伴います。 特に、足の親指の付け根、足関節、足の甲に痛みを伴うことが多いです。 初期症状であれば、そのまま放置しておいても、3日程度で痛みが消えていきます。 また、痛風になると、腎臓機能が低下してしまい、腎不全になる恐れもあるでしょう。 腎不全は日常生活を脅かす恐ろしい病気なので、注意しないといけません。 そして、痛風は合併症を引き起こす可能性があります。 痛風の人は、糖尿病や高血圧、尿路結石、脂質異常症といった生活習慣に関わる病気にかかる確率が高いのです。 痛風になると、このような症状が現れることが多いです。 どれも深刻な症状なので、早めに治療を受けるようにしてください。 足の親指の付け根に強い痛みなどを感じた場合は、すぐに病院で検査を受けられた方が良いでしょう。